スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つばめグリル @ 川崎

JR川崎駅の改札から、徒歩3分も掛からない所にある「つばめグリル」

P1090512_convert_20110722210618.jpg

東京・神奈川に店舗がある、雰囲気の良い高級感のあるチェーン店です。
川崎に引っ越す時に「つばめグリルって言うハンバーグ屋さんが美味しいんだよ」と
職場の先輩に、何回も教えられたっけなぁ・・・。

↓ 店内は、落ち着いた雰囲気。

P1090505_convert_20110722213153.jpg

普通の椅子席はかなり賑わっていましたが、バーカウンター用の高椅子席は、
座りづらくて人気がないのか?ひっそりとしてます。

↓ まずは「生ビール(大)」で乾杯 

P1090506_convert_20110722210756.jpg

↓ 「フランクフルトソーセージ」

P1090508_convert_20110722211115.jpg

↓ 「野菜のピクルス」

P1090507_convert_20110722210932.jpg

↓ 写真では分からないけど・・・中は「つばめ風ハンブルグステーキ」 

P1090509_convert_20110722211308.jpg

つばめグリルに来たら、やっぱりコレでしょ 
付け合せは、ホクホクのベイクドポテト。
ホイルの中は、ビーフシチューがたっぷりと掛かったハンバーグ。
ホイルを開けると、湯気と一緒に美味しい香りが漂います。
未だに上手く開けられないので、ここはウサ夫くんに開けてもらいます。
パンではなく、ご飯がよく合う味です。
肝心のホイルの中は、暗すぎて写真に映らず・・・ぜひ実物を頼んでみて下さいね〜。

つばめ風スタイルが誕生したのは1974年、末永く続いて欲しいものです。
ちなみに、ホテルメッツ宿泊者の朝食会場はこちらのつばめグリル。
さすがに「ハンブルグステーキ」は出ないんだろうけど・・・。

ごちそうさまでした 




お店情報 
つばめグリル ホテルメッツ川崎店
川崎市幸区堀川町72-2 ホテルメッツ川崎1F
定休日:年中無休
バリアフリー情報:入口2ヶ所共に自動ドア。入口、店内段差なし。
スポンサーサイト

theme : おいしいお店
genre : グルメ

M&C cafe @ ラゾーナ川崎

丸善の片隅にある「M&C cafe」 
奥まった所にあるので、意外に空いている穴場的カフェ。

元祖・早矢仕ライスが有名なだけあって、周りをみると15時過ぎにも関わらず
あっちの席でも、こっちの席でも、食べている人ばっかり・・・。
「早矢仕ライス」は、次回だな〜。

↓ 「北海道ソフトクリーム」 

P1090504_convert_20110722213330.jpg

濃厚なのに、甘すぎないソフトクリーム 
コーヒーフロートや抹茶フロートでも、美味しそう。
買い物で疲れた時の、水分?補給にも良さそうだし・・・。
ごちそうさまでした。



お店情報 
M&C cafe ラゾーナ川崎店
川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ1F

theme : かき氷・アイス、ソフトクリーム
genre : グルメ

焼鳥 鳥彦 @ 川崎

創業昭和30年の「鳥彦」へ 
立ち呑み屋でお話したオジさん、お薦めの焼き鳥屋のひとつ。

P1090501_convert_20110722211911.jpg

↑飲んだ後なので、ちょいブレ気味・・・。
話を聞いてなければ、なかなか入りにくい外観です・・・。

店内はカウンター、テーブル席、小上がりのお座敷。
店内(外観も)は、昭和を感じさせる雰囲気。

P1090495_convert_20110722212031.jpg

常連さんが多いらしく、この日の年齢層は高め(40代後半~)です。
お座敷では、オジ様達が宴会中。
若い御主人と、そのお母さんらしき方、二人で切り盛りしてました。

↓ 「鳥わさ」

P1090494_convert_20110722212239.jpg  P1090493_convert_20110722212400.jpg

↓ 「串ものイロイロ」1本150円前後~。

P1090496_convert_20110722212539.jpg

レバーは、血がジワジワ滴る位の半生状態。
ねっとりとしていて濃厚な味わい。
タレも、しつこすぎず甘さ加減が絶妙~。
タレも塩も、どちらも美味しい~(写真左側はレバー・塩ですが・・・)

↓ 「鳥だんご、鳥もつ、ねぎま、なんこつ、手羽先」 

P1090498_convert_20110722212810.jpg

鳥だんごは、若干パサパサ気味。
次は、無いかな・・・。
手羽先は、皮はカリッと、中はジューシィーに仕上がってます。
これは何本でも食べたい~。

↓ 「鶏スープ」

P1090499_convert_20110722213024.jpg

熱々の鶏スープ。
焼き鳥用の串で、混ぜて頂きます。
ネギ、うずらの卵?が落としてあります。
若干、塩っけが強めな気がしますが、臭みもなく、鶏の旨みが出ています。
ウサ夫くん曰く「飲んだ後に、飲みたくなる味」とのこと。

メニューは、焼物(焼鳥・野菜)に、おつまみ(冷奴など)が数種類のみ。(お酒はもちろん有り)
ご主人が、丁寧に焼き上げる焼き鳥は絶品。
焼き鳥気分の時は、いいお店だな。
ごちそうさまでした。





お店情報 
焼鳥 鳥彦
川崎市川崎区東田町1-14
定休日:日曜日
バリアフリー情報:引き戸。入口、店内段差なし。店内狭め。椅子席、お座敷あり。

theme : 焼鳥!
genre : グルメ

★プロフィール★

ノブマユ

Author:ノブマユ
食べること飲むことが
大好きな「ノブマユ」です。
川崎・東京・時々東北ネタが
メインになると思います。
よろしくお願いします。

★お知らせ★
ランキング参加中♪

いつも応援ありがとうございます♪
ポチッ!が励みになります♪
★カレンダー★
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
★カテゴリ★
★最新記事★
★月別★
★ご訪問ありがとです★
★地道なエコ活動中★
検索フォーム
★お気に入りブログ★
★人気ブログランキング★
★読んだ本いろいろ★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。